すたっふ便り
紫色尿バッグ症候群

様々な原因で尿道にカテーテルを留置し、排尿をコントロールしなければならないことがあります。長期で留置した場合、尿をためるバッグ内が紫色に染まり、御家族や患者さんが驚いてしまうことがあります。珍しくない現象で、「purpl […]

続きを読む
すたっふ便り
離陸と着陸

こんにちは。皆さん飛行機に乗ったことがありますよね。初めて乗る飛行機は離陸・着陸どちらもドキドキしませんでしたか?私は社会人になって初めて飛行機に搭乗しました。不幸な想像が頭をよぎり、とても怖かったのを覚えています。 現 […]

続きを読む
すたっふ便り
泌尿器科医から在宅医へ

今から27年程前、泌尿器科学を選んだ私は、「診断から治療まで、内科的にも外科的にも自分で完結できる科」という思いで泌尿器科を選択しました。日本では皮膚・泌尿器科学として発展してきた一面もあり、当時は一般の方から泌尿器科と […]

続きを読む
症例
重度心身障害者や小児難病の介護について

自分の子育てを人と比べることはなかなかできません。特に重症心身障害児や重度の障害を抱える小児難病患者のお母さん方はそうです。毎日大変な子育てをしているのにそれをあたりまえと思って、人に頼ることにも後ろめたさを感じていらっ […]

続きを読む
症例
訪問診療における急性病変に対する点滴治療

訪問診療で点滴する場面は大きくわけて二つあります。 一つは、癌などで、消化管が使えない状態で長期点滴管理をすること。もう一つは脱水症、尿路感染症、肺炎などの急性病変で点滴する場合です。 今回は急性病変での点滴についてお話 […]

続きを読む
症例
尿路感染と発熱

尿路感染は、感染症による発熱の原因では呼吸器感染についで多く、高齢者が多い在宅医療の現場でもポピュラーな原因です。ある統計では75才以上の感染性発熱の原因では、呼吸器感染症が約6割、尿路感染症が2割とのことです。 病院で […]

続きを読む
症例
認知症介護について思うこと 訪問診療の立場から

在宅で介護されている認知症の患者さんは、精神状態が安定している人が多いです。不安や不穏状態に対する薬を使用することも少なく、使用している場合もその量は少ないのが実際です。身体的なケアもとても行き届いております。家族の一員 […]

続きを読む
すたっふ便り
秋の一日

訪問診療は、患者さん宅に車で出かけるので、景色の季節の変化を肌で感じる毎日です。 私も病院勤務の時は、早朝に出かけて、深夜に帰る毎日。日中は温度の管理された病棟や外来が全てで、あまり季節の変化を感じることはありませんでし […]

続きを読む
すたっふ便り
訪問診療医の一日

訪問診療医について、どういう働き方をしているのかご存じない方も多いかと思いますので、今日は「訪問診療医の一日」について書いていきたいと思います。 当院では、医師は九時に泉区中田にあるオフィスに出勤します。そしてそこで本日 […]

続きを読む
症例
在宅医療ではなく、介護施設をお勧めする場合

我々は訪問診療医として、できる限り最良を尽くそうと日々努力していますが、それでも「この患者さまは訪問診療では無く、介護施設で療養するべきだ」と判断する場合もあります。もちろんケースバイケースなので、一概に言えないのですが […]

続きを読む