紫色尿バッグ症候群

様々な原因で尿道にカテーテルを留置し、排尿をコントロールしなければならないことがあります。長期で留置した場合、尿をためるバッグ内が紫色に染まり、御家族や患者さんが驚いてしまうことがあります。珍しくない現象で、「purplu urine bag syndrome;紫色尿バッグ症候群」と呼ばれています。特に気にする必要はありません。

原因は腸内細菌と尿路感染症です。

   ↗腸内細菌の異常増殖→インドール硫酸の尿排泄
便秘
   ↘尿路感染の併発  →インドール硫酸の分解

便秘をすると腸内細菌が異常増殖し、尿路感染を併発しやすくなります。

尿路感染としてはpurple bag synd.の場合、殆どが無症候性尿路感染であり臨床的には問題になりません。

しかし腸内細菌のいたずらでインドール硫酸が尿中に排出されます。この時点では尿は黄色です。更に尿中の細菌によりこのインドール硫酸が分解され、紫色になるのです。

問題点は便秘の改善、尿路感染のコントロールということになります。

あまり心配しないで医師・看護師にご相談ください。

不謹慎かもしれませんが、私はpurple bagを見ると、「ちょっと可愛いな・・・」と思ってしまいます。あくまでも個人的な意見です。すみません。