症例

症例
重度心身障害者や小児難病の介護について

自分の子育てを人と比べることはなかなかできません。特に重症心身障害児や重度の障害を抱える小児難病患者のお母さん方はそうです。毎日大変な子育てをしているのにそれをあたりまえと思って、人に頼ることにも後ろめたさを感じていらっ […]

続きを読む
症例
訪問診療における急性病変に対する点滴治療

訪問診療で点滴する場面は大きくわけて二つあります。 一つは、癌などで、消化管が使えない状態で長期点滴管理をすること。もう一つは脱水症、尿路感染症、肺炎などの急性病変で点滴する場合です。 今回は急性病変での点滴についてお話 […]

続きを読む
症例
尿路感染と発熱

尿路感染は、感染症による発熱の原因では呼吸器感染についで多く、高齢者が多い在宅医療の現場でもポピュラーな原因です。ある統計では75才以上の感染性発熱の原因では、呼吸器感染症が約6割、尿路感染症が2割とのことです。 病院で […]

続きを読む
症例
認知症介護について思うこと 訪問診療の立場から

在宅で介護されている認知症の患者さんは、精神状態が安定している人が多いです。不安や不穏状態に対する薬を使用することも少なく、使用している場合もその量は少ないのが実際です。身体的なケアもとても行き届いております。家族の一員 […]

続きを読む
症例
在宅医療ではなく、介護施設をお勧めする場合

我々は訪問診療医として、できる限り最良を尽くそうと日々努力していますが、それでも「この患者さまは訪問診療では無く、介護施設で療養するべきだ」と判断する場合もあります。もちろんケースバイケースなので、一概に言えないのですが […]

続きを読む
症例
胃瘻管理時の水分量の工夫

「胃瘻」は、食物や飲料や医薬品などの経口摂取が不可能または困難な患者に対し、人為的に皮膚と胃に瘻孔作成をし、チューブ留置し・食物や水分や医薬品を流入させ投与するための処置のことです。胃瘻に用いる栄養剤には液体・半固形と2 […]

続きを読む
症例
尿路カテーテルの重要性

人間が尿排泄することは、生命維持に関して非常に重要な意味を持っています。在宅医療の現場では、「尿路カテーテルの管理」は非常に重要です。排尿ができないと生命を維持することができない一方、こうした患者様が多いからです。一般に […]

続きを読む
症例
前立腺がん治療の現場より

高齢化社会の現在において、がん死者数は年間約37万人、死亡原因の約3割に及んでいます。前立腺がんの占める割合は年々増え続け、男性がん死の臓器別にみて6位となっています。ですが、前立腺がんは早期に発見すれば治療成績の良いが […]

続きを読む
症例
訪問診療医のノウハウを広めて行くために

訪問診療医は、医師を長くしているからと言って、急にできるようになるものでは決してありません。むしろ大きな病院で学んでこられなかったような多様な症例の患者様を診察することが多いです。 院長の私も、10年ほど立ってようやく一 […]

続きを読む
症例
神経系の難病で、訪問診療医が気をつけるべきことは

当院では、医院長が神経内科の専門医として長く診療してきたということもあり、筋ジストロフィー等の神経系の難病の患者様を多く診察しております。 こうした難病の方々の診療を行う際に、医師は往々にして患者さま、特に身動きが不自由 […]

続きを読む