おむつ交換を医師がやる大切さ

多くのお医者様とコミュニケーションを取る中で残念に思うことの一つとして、おむつ交換をきちんと行うお医者様が少ないことが挙げられます。
仙骨部の褥瘡(とこずれ)の診察や処置の際にその機会は良くあるのですが、患部の措置だけをしておむつ交換などを患者様のご家族や看護ステーションの方に任してしまう医師の方もいらっしゃるようです。

床ずれをしてしまう患者様の多くは身動きが不自由な方が多く、おむつをしていらっしゃる方が少なくありません。もし、ここで医師がおむつ交換をしないと患部が便や尿で汚染され続けてしまい、そのまま放置してしまうと感染症を引き起こし褥瘡が悪化してしまいます。患者様のご家庭にはご高齢の方がご高齢な患者様を介護しているケースも少なくなく、そうしたご家庭にとっておむつ交換は重労働になってしまっているのが現状です。そうした中で医師が褥瘡の処置の際に、一手におむつの交換や患部の洗浄もしてしまい、その上で褥瘡(とこずれ)の診察をすれば、患者様にとってもご家族にとっても嬉しいことに違いありません。そして我々医師はやることだけやればいいという仕事ではありません。患者様の健康的な生活をトータルでサポートすることが我々の一番の目標です。私の院ではこのような考え方をスタッフ一同きちんと大前提に置き、日々邁進してまいりたいと思います。