2017年10月

すたっふ便り
診療の質向上のため、患者さまへのアンケートを実施しています

当院では、患者さまへの診療をより良いものにする為に、患者さまのご自宅にアンケートをお配りしはじめました。医師は診療だけに注力してしまいがちですが、患者さまがご自宅で困られている問題などに注意深く耳を向け、診療と合わせて総 […]

続きを読む
症例
前立腺がん治療の現場より

高齢化社会の現在において、がん死者数は年間約37万人、死亡原因の約3割に及んでいます。前立腺がんの占める割合は年々増え続け、男性がん死の臓器別にみて6位となっています。ですが、前立腺がんは早期に発見すれば治療成績の良いが […]

続きを読む
症例
訪問診療医のノウハウを広めて行くために

訪問診療医は、医師を長くしているからと言って、急にできるようになるものでは決してありません。むしろ大きな病院で学んでこられなかったような多様な症例の患者様を診察することが多いです。 院長の私も、10年ほど立ってようやく一 […]

続きを読む
症例
神経系の難病で、訪問診療医が気をつけるべきことは

当院では、医院長が神経内科の専門医として長く診療してきたということもあり、筋ジストロフィー等の神経系の難病の患者様を多く診察しております。 こうした難病の方々の診療を行う際に、医師は往々にして患者さま、特に身動きが不自由 […]

続きを読む
症例
おむつ交換を医師がやる大切さ

多くのお医者様とコミュニケーションを取る中で残念に思うことの一つとして、おむつ交換をきちんと行うお医者様が少ないことが挙げられます。 仙骨部の褥瘡(とこずれ)の診察や処置の際にその機会は良くあるのですが、患部の措置だけを […]

続きを読む
症例
現場でしか学べないノウハウ

この頃段々と気温も下がり、昼夜の寒暖差もひどくなって参りました。風邪を引きやすい時候ですので、患者様の健康はもちろんのことながら、我々医師も診療を日々きちんと行う為に健康管理を益々しっかりとおこなって行きたいと考えており […]

続きを読む