住宅医療が浸透し始めた今だからこそ、訪問診療医という選択を

在宅医療を受ける患者さまの数が増えていく中で、訪問診療医の重要性が今まで以上に増しています。横浜市の泉区だけでも、2025年までに今の数倍もの訪問診療医が必要になると言われています。国家の医療費負担の増大も深刻視される中、今後、訪問診療医に対する需要が増していくのは間違いないでしょう。

近年の訪問診療では、患者さまの心に寄り添うスピリチュアルな一面だけでなく、学問として体系的に学べる「専門的な資格」としての一面も認められるようになってきました。

実際、訪問診療をしていると、病気の種類から家庭の状況まで、それぞれの患者さまによって異なります。そのため、医師が受ける通常の教育を超えて、常に新たな知見を得る必要があり、学ぶことが非常に多いです。

詳しい症例や当院ならではの取り組みについては、「訪問診療日誌」にて綴らせていただいておりますので、当院の医療に興味がお有りの医師の方はぜひそちらも見てくださると幸いです。

いずみの森クリニックだからこそできること

ベテラン医師のもと、少数精鋭で裁量権を持って働ける

いずみの森クリニックの院長は、10年以上訪問診療に携わっており、数少ない訪問診療医の中でもベテランの医師です。

医師の数は現在2人と少ないですが、だからこそはじめのうちから裁量権と責任を持って多くの患者さまを診察することができます。

現在は、泌尿器科や神経内科のスペシャリストによる専門的な難病の患者様のケアや、訪問診療の様子を動画にしてノウハウを蓄積するなど、少数精鋭だからこそできる先進的な取り組みも行っています。

オンコールの数も調整できるので、自分に合ったワークライフバランスで働ける

病院での勤務では、当直なども多く大変な思いをしている方も多いのではないでしょうか。いずみの森クリニックでは、オンコールが月に1,2回と比較的少なく、自分のワークライフバランスに合わせた働き方ができます。

ですので、東京や遠くにお住まいの医師の方にも気軽にご応募していただけたら、と考えております。

こんな方に来てほしい

・裁量と責任を持って様々な症例の患者様を診察できるゼネラリストになりたい

・将来開業したいので、訪問診療医という新しいスタイルの医療を身に着けたい

・患者様にとってどこまでも身近な存在として、地域と人に寄り添った医療をしたい

募集要項

仕事の内容 
訪問診療(運転手付の訪問車での往診です)

科目 
内科、神経内科、泌尿器科、他

勤務形態 
常勤(平日4~5日+週末オンコール当番を月に1~2回)

給与 
1500万円~応相談(経験やご年齢を考慮して優遇します)

勤務時間 
9:00~18:00(昼休み60分)

休日
土日祝祭日(週休2日)、年末年始

通勤手当 
実費支給

社会保険 
完備

年次有給休暇 

※勤務日数含め、柔軟に対応いたしますので、ご相談ください。

 
 

※メール(info@izuminomori.org)にてのお問い合わせでも構いません。
(採用担当:畠山)