訪問診療とは

訪問診療とは、ご自宅に居ながら医療を受けることができる仕組みです。在宅医療と呼ばれる場合もあります。

加齢に伴う様々な障害をお持ちの方や、脳卒中・悪性腫瘍・神経難病などで通院が困難な方対象となります(詳しくは下にある表をご覧ください)。

訪問診療では、患者さまの具合が悪くなった場合のみ診療を行うのではありません。
医師が患者さまのご自宅を定期的に訪問し、診療、治療、薬の処方、治療上のご相談、ご指導など、患者さまの状況に応じたサポートをさせていただきます。

定期的な診療を通じて、患者さまの日常的な健康管理などを計画的に行い、健康的で自分らしい生活をおくるお手伝いをいたします。

訪問診療と往診の違いは?

訪問診療も往診も、患者さまのご自宅で診療を行う点では同じですが、異なる診療形態です。

「往診」は、急な病気やケガのようなとき(たとえば急な発熱)に患者さまのご依頼で緊急、臨時にお伺いする診療です。

「訪問診療」は病気や障害があり、通院が困難な患者さまのご自宅に定期的に訪問することです。

当院では、訪問診療をしている患者さまに急な病状変化が起きた際は往診で対応することにより、24時間365日、患者さまの在宅療養をサポートいたします。

<対象となる患者様>
・廃用症候群(寝たきり)
・認知症
・末期がん
・神経難病
・脳卒中後遺症
・慢性呼吸不全(在宅酸素)
・経管栄養(胃ろう)
・排尿障害(バルーンカテーテル)
<自宅でできる事>
・薬の処方箋発行
・血液検査
・傷や褥瘡の処置
・留置カテーテルの交換
・点滴注射
・酸素吸入
・入院時の連絡調整
・各種診断書
・主治医意見書(介護保険申請用)
・訪問看護指示書発行

最期をご自宅で迎えたいとご希望される場合も全力で支援させていただきます。