人間が尿排泄することは、生命維持に関して非常に重要な意味を持っています。在宅医療の現場では、「尿路カテーテルの管理」は非常に重要です。排尿ができないと生命を維持することができない一方、こうした患者様が多いからです。一般にカテーテルの種類は様々ですが、在宅医療では尿道バルーンカテーテル・膀胱瘻カテーテル・腎瘻カテーテルなどのみを扱い、体内に留置するステント類はX線透視や内視鏡を使わないと扱うことができないので、在宅医療では用いません。

さて、尿路カテーテルの管理は比較的簡単だと思われがちで、「カテーテルを介した膀胱や腎盂内の洗浄は無意味だ」、というデータすらありますが、尿のカテーテルの管理がうまくいかないと、尿路感染や腎機能障害を併発しやすくなります。感染がひどくなるとカテーテルの閉塞、尿路結石の生成、腎機能の低下などを引き起こします。さらに実際の現場では、カテーテルを清潔にしていない状態では、患者様のADL(日常生活の活動性)は著しく低下しています。定期的に洗浄を行うことで尿中に生成した結石成分や凝血塊・浮遊組織片を排出することができ、様々なトラブルを回避することができるのです。

洗浄はやはり専門家ならではのテクニックもあり、当クリニックでは必要時には徹底的に洗浄を行っています。感染・閉塞を避けるような生活の指導も併せて行い、尿の比重やPHなどをチェックしながら指導もします。カテーテルの固定も重要です。固定の位置によっては、尿道が裂けてしまったり、体動により抜去されてしまうこともあるからです。長期間カテーテル留置者では、腎盂炎はもちろん前立腺や精巣上体に炎症を起こすこともあります。カテーテル操作時にこれらの部位をチェックすることも重要です。

たかが尿路カテーテルですが、我々はこのようにいろいろな事を考えながら管理・処置をおこなっています。在宅でできることは確かに限りがあるのかも知れません。しかし、在宅で医療を受ける選択をされた患者様の生活の質を向上させるために訪問診療医は、専門医としての技術のみならず、医師としての経験や工夫を駆使するべきなのです。